ターメリック

ターメリック又はウコンにはクルクミノイドと言うポリフェノール化合物が含まれており。クルクミノイドはターメリックにとても重要な生理活性物質です。

抗酸化作用

クルクミンとはターメリックに含まれるクルクミノイドの主要成分であり、活性酸素種の効果的な捕捉剤です。脳内細胞酸化ダメージの抑制作用を持つ為、鬱や他の神経変性疾患に効果的です。グルタチオンなどの抗酸化物質の量を増加し、フリーラジカル又は遊離基によるダメージから回復してます。組織細胞などの酸化ストレスによるダメージや障害を予防します。

抗炎症剤としての作用

クルクミンは炎症性好中球の作用を阻止する為、炎症を起こす物質を鎮静させる効果があります。それによって正常な臓器の損傷が抑えられ、様々な病気を予防します。

胃腸疾患

新鮮なターメリックエキスは駆虫薬として使われていて、寄生虫を排除する作用があります。転写因子である(NF)-κBを阻止し、細胞接着分子と炎症性サイトカインの製造を抑制する結果、実験用ラットのNSAIDs誘発性胃障害における胃損傷の改善します。又、胃粘膜の損傷や白血球の付着不足を改善します。

呼吸器疾患

新鮮なターメリックエキスは気管支炎に効果的です。鼻炎と咳の症状がある場合はターメリックと赤糖を牛乳で沸騰させたものを用います。カタル性咳、喉の痛み、喉の感染症の場合では、根茎の煎じ薬を使ってうがいができ、少し炙った根っこをガムのように噛んで用いる方法もあります。

炎症性疾患

クルクミンはホスホリパーゼ、リポキシゲナーゼ、シクロオキシゲナーゼ(COX-2)、ロイコトリエン、トロンボキサン、プロスタグランジン、一酸化窒素、コラゲナーゼなど、炎症を起こす分子を阻止する作用があります。

心血管疾患

ターメリックの抗酸化作用はコレステロールによるダメージを防いでくれる為、アテローム性動脈硬化を防ぎます。この抗酸化作用は、ビタミンCやビタミンEが持つ体内のフリーラジカルを減らす効果とよく似ています。ビタミンと違い、ターメリックの抗酸化作用は熱によっての劣化が無いので、調理用のスパイスとしても薬草の利点が保てます。研究によると、クルクミンは血管中で流れる脂質コレステロールとトリグリセリドを抑制するので心血管疾患の可能性を下げる効果があります。



Liquid error: Could not find asset snippets/quantity-breaks-now.liquid