アシュワガンダ

アシュワガンダのセラピー

アシュワガンダは昔から元気、若返り、耐久性、強さ、健康、体内時計の調整、リンパ、筋

肉脂肪、精力、細胞生産に使われています。疲労や脱力感、脱水症状、骨粗しょう症、遊離

歯、勃起不全、早期老化衰弱、筋肉痛にも効くと言われています。

薬品としての使用

少量(約500mg)を摂取する事によって免疫を高める作用がありますので、病気やストレス予防、スタミナを高めるなどのメリットがあります。

心臓疾患

アシュワガンダは心臓疾患に効果的で、様々な人に使われています。抗酸化作用があるので、フリーラジカルを体内から回収し、酸化ストレスを抑制してくれます。さらに、脂質の過酸化を抑制します。これらの作用はビタミンEと似ています。

エネルギー増強作用によって心臓を強くする事で心臓の機能を高めると言われていて、炎症の数値を抑制し炎症を抑える効果があります。

ストレスも心臓疾患の原因の一種であり、研究によるとアシュワガンダはストレスによる体の不調を抑え、健康な心臓を保てるようになります。

高血圧

アシュワガンダの根の粉末は高血圧を予防する効果があります。アシュワガンダは高血圧とストレスが関連性があるゆえ心を落ち着かせる効果があり、ストレスを抑制することにより、血圧を下げる効果があります。その為、処方薬と平行に摂取するなり、天然代替療法として単一で利用することができます。

ストレス、心身症、鬱

アシュワガンダは抗不安剤および抗ストレス剤として認定されています。このハーブは体がストレスに抵抗する能力を高める効果を持つ為、通常の精神機能を回復する作用があります。また、ストレスホルモンのレベルを下げるのにも役立ちます。アシュワガンダは、全体的な生活の質をさらに向上させます。

筋力低下

アシュワガンダは筋力低下予防に効果があると言われています。

関節炎

アシュワガンダは炎症の炎症誘発性マーカーを減少させ、抗炎症性マーカーを増加させます。また、全体的な抗酸化状態を改善し、活性酸素種の生成を防ぎます。アシュワガンダによる治療は、炎症のレベルを低下させ、腫れ、発赤、疼痛などの関節炎の徴候や症状をさらに改善し、関節全体の柔軟性を向上します。

骨粗鬆症

粉末状のアシュワガンダは、骨粗鬆症を患っている人の骨密度を高める効果があります。研究の結果、アシュワガンダが骨の石灰化を改善することが証明されています。アシュワガンダに含まれているウィタノリドと言うホルモンには、抗骨粗鬆症作用があると言われています。

男性不妊症

男性不妊症の一般的な原因は、精子減少症です。アシュワガンダは他のハーブとともに、精子の総数と質を改善します。

 

Liquid error: Could not find asset snippets/quantity-breaks-now.liquid