トリファラ - Triphala

トリファラ

トリファラ - Triphala

トリファラとはユカン(Amla-Emblica Officinalis)、ビビダキ(Terminalia Bellirica)、ハリタキ(Terminalia Chebula)と言う3種類の果実の種を除き均等に混合したアーユルヴェーダのハーブ製剤です。

トリファラの化学組成
トリファラには多くの生物学的化合物が含まれています。主にはタンニン、ケブラジン酸および没食子酸が含まれており、ビタミンCも豊富に含まれています。ビタミンCとケブラジン酸には抗酸化作用があります。

トリファラの効果と利用法
アーユルヴェーダ治療法ではトリファラは胃腸治療の主な治療法として認められていますが、3つのラサヤナまたは若返りハーブを配合する事により、多くの用途があります。数々の文献によると、トリファラの潜在的な作用は遊離基の回収、抗酸化、抗炎症、免疫調節、食欲増進、胃酸過敏症の軽減、虫歯予防、解熱、鎮痛、抗菌、抗変異原性、創傷治癒、抗鬱、抗ストレス、順応性、低血糖、抗がん、肝保護、化学保護、放射線防護、および化学予防効果と確認されています。さらに食事の消化と吸収、血清コレストロールの削減、血行の改善、胆管の弛緩、免疫老化防止、内分泌系の恒常性管理、赤血球とヘモグロビンの産生を増加させる効果を持っています。

便秘治療
トリファラはマイルドな便秘薬として一般的に服用されています。固まった便を緩める為より容易な排便を促進します。他の便秘薬とは異なり、習慣性がないので安心して利用できます。特に軽度から中程度の便秘に効果的です。
高コレストロールとトリアシルグリセロール
トリファラはとても効果的な脂質代謝の調整作用を持っています。数週間の服用で血清コレストロールの減少が大きく見られ、悪玉コレストロールとトリアシルグリセロールの数値の作用もあります。

視力と白内障
トリファラには白内障の治療に効果があります。数々のアーユルベーダの文献では視力改善と白内障の悪化を減少させる上、他の眼疾患にも効果的だとされています。
サプタミットラウ(Saptamrit Lauh)とはトリファラと、さらにスペインカンゾウとロハバスマと言う薬草が配合された眼疾患のハーブ薬です。トリファラグリタ(Triphala Ghrita)も眼疾患の治療に使われており、視力改善の効果がある為、眼鏡等の必要性を減してくれる牛のギーを利用したハーブ薬です。

トリファララサヤナ
トリファラは、若返り作用を促進するラサヤナ薬の一種です。体内の全ての臓器に効果的であり閉塞を防ぐ為、体の自然な機能を復元する作用があります。さらに、体内の毒素を流してくれる為、様々な疾患の予防効果があります。
研究によると、トリファラには免疫増強作用があると確認されています。

抗酸化と免疫増強作用
トリファラではフィトケミカルと言う抗酸化と免疫増強作用がある化合物が複数含まれています。その結果、トリフェラパウダーには健康な皮膚の保持、早期白髪防止、抜け毛防止、体内の酸化ストレス抑制などの様々なアンチエイジング効果があります。

糖尿病
研究の結果、トリフェラはインスリン抵抗性に対して効果的だと言われており、血糖値を下げる作用があります。トリファラチャーナ(Triphala churna)は細胞のインスリン抵抗性の減少効果があり、正常なインスリンの効果が促進される為、糖尿病にも効果的です。

Liquid error: Could not find asset snippets/quantity-breaks-now.liquid