シャタバリ - Asparagus racemosus

シャタバリ

シャタバリ - Asparagus racemosus

シャタバリとはキジカクシ科に属する植物の一群であり、薬草として抗酸化剤、媚薬、子宮緊張剤、アダプトゲンの効果があります。特に女性の体力増加と健康に効果的です。酸消化不良、食欲抑制、精液漏、不妊症にも役立ちます。
副作用は体重の増加と食欲減退となります。

伝統処方として使われていて、研究の結果、抗真菌、抗腫瘍、利尿および免疫刺激効果(免疫系を刺激し、感染症への防御)を含む作用があります。その他一般的に、神経衰弱、下痢、赤痢およびリウマチの治療に使用されています。乳汁分泌促進薬とも利用されており、授乳中の人の母乳生産を増やします。これらの作用はシャタバリに含まれているサポニン、アミノ酸、硫黄含有酸、フラバノイドおよびオリゴ糖など様々な健康促進剤に効果的です。

母乳生産
シャタバリはアーユルベーダの文献でガラクタゴーグ(母乳増加物)と知られてます。
プロラクチンと言うホルモンの分泌を増殖する事により母乳生産を誘発します。シャタバリには、シャタバリステロイドサポニンとサポゲニンに存在する2つの重要な成分が入っており、母乳生産作用に役立ちます。

糖尿病
シャタバリの根は血糖値を下げる効果があり、膵臓からのインスリン分泌を促進する作用があるので高血糖値を下げるのに非常に効果的です。その他、腸内での炭水化物の吸収を抑制する上、グルコース(ブドウ糖又は血糖)を筋肉へ移動させる作用があります。その為、食後の血糖値の上昇を抑える上、筋肉内での利用可能なグルコースが増える事で、より活力的になれます。

不妊症
不妊症は、約10〜15%のカップルに影響を与える一般的な問題となっています。研究によると、シャタバリは男女両方に性的疾患に効果的だと言われており、その他シャタバリは男性の性的活動促進に非常に効果的であり、射精能力の低下、勃起不全、欲求の欠如などのさまざまな性的障害の治療に利用できます。シャタバリに含まれる植物化学物質、粘液、グリコシド、サポニン、炭水化物、には媚薬効果を持っています。

女性の強壮剤
シャタバリはアーユルベーダで女性の生殖器系における強壮剤として主に使われております。性欲低下や乾燥などに効果的で、さらに性器の炎症対策や排卵を促進作用もあります。
出産後にも利用されていて、子宮とホルモンレベルを安定する作用や母乳生産の増殖作用も確認されてます。シャタバリは、不正出血、月経前症候群、月経困難症などの生理に関する問題の治療にも非常に役立ちます。

ストレスと鬱
シャタバリはアダプトゲンと言うストレスへの適応能力を向上させる物質としても知られております。その上、抗鬱活性を有することが示されており、従って有用な抗ストレス剤として効果的です。酸化ストレスや遊離基の過負荷はストレスと鬱の原因と繋がっております。研究によると、シャタバリでの治療は体内の抗酸化作用と抗酸化酵素量を促進し、遊離基からのダメージを抑制します。さらにシャタバリは、抗不安、抗ストレス、抗うつ効果を持つ脳内の化学物質生成を改善する作用があります。シャタバリに含まれるフラボノイド、ポリフェノール、サポニンがストレスホルモンの分泌を抑制し、精神を落ち着かせてくれるホルモンの分泌を促進します。したがって、シャタバリは鬱病とストレスの治療に使用できるでしょう。

胃潰瘍
様々な文献によると、シャタバリは胃潰瘍の治療に重要な役割をもたらしています。
研究の結果、シャタバリは胃酸過多を阻止し、胃袋の粘膜を刺激や損傷から保護します。さらに胃袋の粘膜を守る粘液の分泌を促進します。

Liquid error: Could not find asset snippets/quantity-breaks-now.liquid