サラシア - Salacia oblonga

サラシア

サラシア - Salacia oblonga

サラシア(Salacia Oblonga)は伝統的な処方として2型糖尿病の治療に利用されている薬草です。サラシエキスにはα-グルコシダーゼと言う複合糖質からグルコース(血糖又はブドウ糖)への分解を早める酵素を阻止する効果があり、α-グルコシダーゼの反応を阻止する事で血内グルコース値又は血糖値を下げ、糖尿病に関するリスクが低下します。その他、この薬草には様々な疾患に効果的な要素があり、体内の血清コレステロールと血清中性脂肪の数値を下げ、善玉コレストロール値を上げる効果があります。

肝臓疾患に関する代謝機能を正常にする効果があります。
生理痛を和らげる効果があります。
低血圧の治療法として効果があります。
関節症や、関節の炎症に使われています。
食欲増進剤や消化剤としても使用できるので、拒食症の方に果的です。
血液疾患に有効です。
脂肪組織を融解することにより、過度の発汗を減少させるのに役立ちます。
サラシアマルメロが配合されている薬品、カタカハディラディカシャヤム(Katakakhadiradi kashayam)、ニルリアディカシャヤム(Niruryadi kashyam)は糖尿病の治療に使われています。
血糖値を下げ、糖尿病に対するリスクを低下させます。体内の善玉コレストロール値を上げる効果があります。

処方される症状
生理痛、低血圧の治療、関節炎、拒食症、血液疾患、肝臓疾患

Liquid error: Could not find asset snippets/quantity-breaks-now.liquid