風邪の治療に効果的なアーユルヴェーダの治癒対処

季節の変わり目には体調を崩しやすくなり、特に冬場には風邪やインフルエンザが流行りますよね?
免疫力の弱い子供が影響されやすいのですが、免疫力が低下していたり、長時間寒さにさらせれている人にも風邪の菌は猛威を振るいます。
引いてしまった風邪の症状を長引かせないためにも、素早く風邪の症状から回復できるようなアーユルヴェーダ療法をいくつか紹介します。

アーユルヴェーダで風邪を早く治す方法

アーユルヴェーダでは風邪は3つのタイプに分類されています。
ヴァータタイプの風邪は最も喉に影響を与える上、粘液の排出が少なくなるため、乾いた咳がよく出ます。
カパタイプの風邪は、頭の鈍痛と激しい頭痛が続き、粘液の分泌が多めになります。
ピッタタイプの風邪は、目のかゆみや発熱を伴い、鼻水や鼻詰まりが発生しやすくなります。

風邪は通常の場合、3日から7日で完治しますが、その間に仕事の効率が悪くなったり、やる気が出にくくなり、時間を有効的に使うのが難しくなってしまいます。
アーユルヴェーダでその症状を抑えるにはどんな方法があるのか見ていきましょう。


不要物を吐き出す
朝目覚めたら塩水でうがいをしてください。その後に、1〜2リットルのお水を飲んでください。ここで気をつけないといけないのは、絶対に冷水を飲まないことです。少し暖かい程度のお水がベストです。その後、口に指を入れ、喉を指でくすぐってください。さっき飲んだお水を全て吐き出すまで、又は酸味を感じるまでこれを続けてください。

ユーカリオイルスチーム
スチームは鼻詰まりを解消するのに効果的です。お湯にユーカリオイルを数的入れることで、もっと深く長く効果が続きます。さらに、ユーカリの効果で過度な鼻詰まりや痰は大抵の場合は解消できるでしょう。

岩塩スチーム
頭が重い風邪やカパタイプの風邪を引いてしまった場合は、岩塩スチームを試してみてください。岩塩を沸騰したお湯に入れ、その蒸気をゆっくりと吸い込むことによって、頭痛や風邪の症状が和らげることができます。

生姜と蜂蜜
ヴァータタイプの風邪は、夜の時間帯に乾いた咳を引き起こします。この症状を緩和するには、生姜と蜂蜜をつかった混合薬が効果的です。小さじ1杯の蜂蜜と生姜のみじん切りを少し混ぜれば完成です。ゆっくりとガムのように噛むとヴァータタイプの風邪の症状が鎮まるはずです。


これらの治療法の他にも、ジンジャー茶、トゥルシー茶、レモン水を飲むと、体内の毒素を素早く洗い流すことができます。
水とビタミンCは、風邪に対する防御を高める作用があります。
さらにアムラの果実や果汁を摂取することで免疫力が高まり、より早く回復することができます。
基本的には風邪の症状が治まるまで、乳製品や重たい加工食品は避けましょう。

Liquid error: Could not find asset snippets/quantity-breaks-now.liquid