アーユルヴェーダで年齢を感じさせる目のクマ対策

目のクマは、目の下の皮膚の変色によって起こるのですが、専門家はアーユルヴェーダでの治療法は、その症状に効果的だと言います。

Kudrati Ayurvedの創始者のモハマド・ユスフN・シャイクによると「この症状は、遺伝性である可能性がある。その場合、治療することは難しい。その他に過労、貧血、肝臓病および脱水症などが原因になる。」と言われています。

夜更かしをしたり、画面の長期利用を必要とする仕事を沢山したり、過度のストレスは、体の自然なドーシック(病気論)のバランスを乱します。
その結果、目の下の毛細血管に血液が漏れるため、目周りの血圧が上昇します。
この毛細血管は非常に細いため、血液が溜まって酸化して紺色や黒色になってしまうため、目のクマ(ダークサークル)と呼ばれています。

目のクマをアーユルヴェーダでケアする方法


次のような自然治療法は、目の周りの血行を良くして、クマの原因となる黒ずみを明るくするのに役立ちます。

ローズウォーター(薔薇の水)
コットンを2枚取り、ローズウォーターに2分ほど浸します。コットンをローズウォーターから取り出し、優しく少しだけ絞ります。その後、コットンを目の上にそっと置いて15分程置いてください。コットンを取り外した後冷たい水で顔をすすぎます。

この工程を数週間繰り返すと、クマのない目元に戻るでしょう。ローズウォーターには冷却作用があり、目の近くの血管を収縮させるのに効果的です。その結果、蓄積された血液が押し出され、循環が正常に戻ります。また、ローズウォーターは天然の化粧水でもあり、目の周りの皮膚を明るくする作用もあります。

りんご
新鮮なリンゴをスライスします。それを目の上と下に置きます。この位置で30分間リラックスしてください。りんごを取り外し、冷たい水で顔をすすいでください。

リンゴにはカリウム、ビタミンB、ビタミンC、タンニン酸が含まれていて、カリウムとビタミンBは体内の水分を適切な量に保つのを助け、ビタミンCは太陽のダメージから目の下の皮膚を保護し、タンニン酸は天然の化粧水として作用して目周りの皮膚を明るくする作用を持っています。

レモンとトマトジュース
レモンの果汁を絞り、トマトジュースと一対一の分量で混ぜます。トマトレモンの果汁を合わせたものをコットンで浸し患部に塗布してください。その状態で15分置いておきます。もし途中でコットンが乾燥した場合はもう一度果汁に浸して塗布してください。15分後冷たい水でお顔をすすいでください。

レモンとトマトはビタミンCが豊富に含まれており、美白作用があり肌を明るくしてくれます。また、レモン汁は目の下の皮膚を強くし、色素沈着や黒ずみを抑える効果もあります。

クムクマディ油(伝統的なアーユルヴェーダ薬)
手のひらにオイルを2滴取ります。薬指を使って、患部をオイルでやさしくマッサージします。これを両目にも行い、一晩寝かせて、朝に冷たい水で顔を濯ぎましょう。

クムクマディ・タイラムとは、アーユルヴェーダの中でも最も強力な肌のお手入れ法の一つです。黒ずみやその他の老化の兆候を軽減するため、最も人気があります。

Liquid error: Could not find asset snippets/quantity-breaks-now.liquid