冬にあなたの肌を最高の状態へ持っていく9つの方法

アーユルヴェーダのお肌ケア

 

一年四季のスキンケアに関しては、冬が最も厄介な季節だと思う方が多いでしょう。

肌に直撃する乾燥した冷たい空気は誰もが避けたいものです。

冬のスキンケア、「とりあえず保湿を特にしておけば良い」と思っている方は少なくも無いでしょうが、保湿以外にもできるケアは沢山あります。

冬の寒い時期ではあなたの肌を必要以上にお手入れをしなければいけません。

あなたの肌の健康な若々しい輝きを保つには、たとえ高価ブランドであっても、スキンケア製品だけでは足りていない場合は少なくもありません。

化粧水、トニック、シーラム、クリームなどのケアだけではなく、これから肌を内側から美しくしていくのはいかがでしょうか?



寒くて乾燥した冬の天候の間はヴァータが増加されやすくなり、肌の乾燥に繋がる問題を引き起こしてしまいます。

ヴァータが増加すると、乾燥だけではなくカパの効果が抑制されて冬にあり得るトラブルが増えていきます。

それらのトラブルの症状は青白くて乾燥した肌、体の痒み、爪のひび、枝毛、抜け毛、フケなどが含まれます。

さらに、お肌の乾燥が長引く事で時期尚早のシワや皮膚炎に繋がることもあります。

これらの冬の悩みを解決するには、オイル、栄養、そしてヴァータのバランスを整えることが重要です。

笑顔で冬を乗り切るために、できる限りこれから紹介する習慣を身につけてみてください。

1)毎日オイルマッサージをし、肌にオイルが吸収するまでの時間を十分与えましょう。

オイルは、ココナッツ、オリーブ、セサミ(ゴマ)など一番自分の肌に合うオイルをお選びください。

その後にはべザン粉(ひよこ豆の粉)、生クリーム、または牛乳を入浴剤として使ってみてください。

これら(ナチュラルクレンザー)を入浴剤として利用する事でオイルて獲れる保湿作用と輝きを保持するのに役立ちます。


2)刺激の強い石鹸は肌の乾燥に繋がりますので、できる限り避けるようにしましょう。

グリセリンや天然オイルの入った石鹸は肌に優しいのでそちらを利用してください。


3)お湯ではなくぬるま湯で入浴をしてみてください。

温度が高いお湯での入浴は乾燥に繋がります。

4)健康的な脂質を食事に取り入れてください。

食事や間食にナッツ類やドライフルーツのを増やすことで天然オイルの摂取量を増やすことができます。

アーユルヴェーダによると、冬の間は消化器官の働きが最も活発になるため、少し重めの食事を摂ることでカパのバランスを保つことができます。


5)この季節のヴァータバランスを整えるために、甘いもの、塩辛いもの、酸っぱいものを少し多めに摂取してください。

ヴァータバランスをさらに保つには温かい食事を摂ることが重要です。

その他、乳製品や柑橘系を含んだ食事を摂ることでヴァータバランスの改善へ繋がるでしょう。


6)お水をたくさん飲むことを心がけてください。

最低でも1日に8~10杯のお水を体は必要とします。

お水は内側から潤いを保つのに役立ちます。

さらに、お水分を沢山含む果物や野菜を摂取することで、一日中潤いを保つことができます。


7)あなたの日常のクレンジング、トーニング、保湿の習慣を続けてください。

注意する重要なポイントは、保湿の前に、あなたの肌も角質をよくクレンジングされていることを確認することです。

クレンジングはしっかり。しっかりクレンジングがされていない状態の肌に保湿ケアをしてしまうと、肌に取り残された汚れがあなたの肌に含まれてしまい、ニキビの原因になってしまいます。


8)セルフペディキュアをする習慣をつけてみましょう。

ネイルのケアではなく、足のケアのことです。

バラの花びらが入ったぬるま湯を用意し、ゆっくり足湯を経験することで足の保湿の他にもリラックス効果があります。

足は靴や靴下で覆われていることが多くて皮膚呼吸をしづらい環境に存在しているので、足は特にケアが必要です。

足のケアを定期的にしない場合は悪臭やひび割れの原因に繋がってしまいます。


9)乾燥した唇は冬の一般的な悩みです。

実は、唇のひび割れは不健康な消化管を示している可能性があります。

消化を一番良い状態のまま保つために、食物繊維を摂るようにしましょう。

睡眠時にマスタードオイルをおへそに塗っておくと、消化が改善し、潤った鮮やかな唇へと繋がります。

油性のリップクリームの塗りすぎは唇の色が暗くなってしまう可能性があるのでできるだけ避けてください。

Liquid error: Could not find asset snippets/quantity-breaks-now.liquid