アーユルヴェーダとは?この古代医療法の基本を理解する

アーユルヴェーダとは?

 

文明の黎明期から健康と言う物は人類の進歩に不可欠な物とされてきました。

そして、アーユルヴェーダという形として、自然の法則に基づいた伝統的な健康法が数千年前にインドで生まれたのです。

アーユルヴェーダの法則と科学は、チャラカ・サムヒタとスシュルタ・サムヒタなどの様々な古文書に記録されおり、専門の研究家によると3000年以上伝わる医学療法だと言われています。

さらにアーユルヴェーダの由来は、アタルヴァ・ヴェーダ(4つのヴェーダのうちの1つで、哲学、賛美歌、生活のバランスを詳述したヒンドゥー教の最古のインドの聖典)から派生しています。



アーユルヴェーダ:ホリスティックな治癒

ホリスティックとは全体性を意味する言葉で、全的な健康観に立脚します。

人の「心・体・気」などの調和を促す健康方針であり、アーユルヴェーダ療法の根本的な特性です。

 心身バランスの維持や調整を促すことで最適な健康状態を保つという方針を持っています。

基本的にはアーユルヴェーダは予防を通し、全ての病の可能性を心身から消し去るのが目的です。

さらに、完全な医療法として認められているのですでに病にかかっている方の治療にも効果的です。

3000年以上前に考案された療法にしては、アーユルヴェーダが患者を治療する際にとても多くな事を考慮しています。

先天性の障害から身体的な怪我、年齢、天候や気候の変化、食や生活習慣や感情など様々なことを参考にし、根本的な段階から調和のずれ等の原因を突き止めます。

アーユルヴェーダでは、身体、心、精神の調和は非常に重要であり、一人一人の問題をしっかり把握してからやっと治療を処方するようになっております。


5元素の法則

人は空気、火、水、土、空間の5つの基本元素でできているとされています。

これらの元素から3つのドーシャ(命のエネルギー)が生まれます。

それはヴァータ、ピッタ、カパであり、これらのエネルギーはあなたの体の機能の管理を行っております。

持っているドーシャの比率(バランス)は人によって異なり、一人一人に利きドーシャを持っています。

その利きドーシャ以外の2つのドーシャは人により比率が異なります。


ヴァータを理解する

ヴァータは空と風の組み合わせであり、血流、呼吸、心臓機能、排泄機構、や細胞分裂などの管理を行っています。

体の最も基本的な機能をコントロールしているため、ヴァータ最も強力な生命エネルギーとみなされています。

このドーシャに関するアーユルヴェーダの解明では、ヴァータのバランスを崩すものは数多くあります。

恐怖、憤り、夜更かし、過度な食事などを続けるとヴァータの安定性崩れ、健康上の問題や不快感が生じることがあります。

ヴァータの調和が悪化すると、喘息、皮膚疾患、心臓病、骨や関節の問題などの病気や不具合につながる可能性があります。


ピッタを理解する

ピッタは火と水の組み合わせであり、代謝、消化、消化器ホルモンの管理などの役割を持っています。

酸味と辛味が強い食事を過度にし続けるとピッタエネルギーのバランスが崩れてしますます。

ピッタバランスが崩れると心臓病、高血圧、消化管の炎症(クローン病)、その他感染症などが発生しやすくなります。


カパを理解する

カパは水と地の組み合わせであり、スタミナ、筋肉の増加、体重、バランス感覚、免疫などの管理を行っております。

甘味や塩味が多い食事、寝過ぎ、水分の取りすぎなどを続けて行うとカパエネルギーの調和が乱れる可能性があります。

カパバランスが崩れると糖尿病、肥満、食後の吐き気、喘息、がん、呼吸問題などが発生しやすくなります。

 

アーユルヴェーダでの組成理論

アーユルヴェーダで組成又はプラクリティの分析は最も重要な診断法です。

あなたの組成はこれら3つの要素で決められています:物理的な特性、精神的な特性、利きドーシャ。

アーユルヴェーダの医師はこれら3つの要素を利用してあなたに一番合った治療法を見つけ出します。


アーユルヴェーダのヒーリングプロセス

ーユルヴェーダは治療は一人一人の問題を根本的な面から行います。

治療法はデトックス(解毒)、浄血やマッサージが含まれます。

パンチャカルマとは、アーユルヴェーダで主に利用されているクレンジングセラピーで、上記の治療に効果的です。

その他、自然なハーブを利用した混合薬なども様々な疾患の治療に利用されております。

その薬を混合する時に最も気をつけているのは薬草の比率と純度で、特に純度はアーユルヴェーダに不可欠な要素だとされております。

Liquid error: Could not find asset snippets/quantity-breaks-now.liquid