アーユルヴェーダでより良い睡眠代謝を

アーユルヴェーダ 睡眠

 

アーユルヴェーダはあなたの睡眠に関するあらゆる問題を解決してくれます。

そのアーユルヴェーダの睡眠に対する考え方は、よりホリスティックで、自然な解決策だからです。

理想的なアーユルヴェーダのディナチャリア(毎日の習慣)に従う事で、睡眠の乱れを抑える事ができます。

これからアーユルヴェーダに基づく睡眠代謝の乱れの原因を説明していきます。


睡眠代謝の乱れの原因


日常習慣が無い

毎日の生活習慣が自然なアーユルヴェーダのサイクルと調和していないと、睡眠の代謝に大きな影響が出てきます。

ほとんどの人は、理想的なディナチャリアを持っていません。

不規則なスケジュールを組んでいる人、時間通りに食事や睡眠を取っていない人は少なくもありません。その不規則な習慣を続けることにより、睡眠サイクルの問題がパターン化していきます。


栄養不足

数多い人たちは脂質や炭水化物の多い食事を余分に摂取しており、基礎的な栄養が不足している状態が一般化しています。

栄養不足は、睡眠不足や睡眠の質の低下につながりやすい物です。

また、カフェインや糖質を大量に摂取し続けると睡眠に影響が出てきます。

お酒やカフェインの飲み過ぎは日常的な気力が低下し、さらに睡眠の質に影響を与えますので控えみにしておきましょう。


流行りのダイエット法

流行りのダイエット法で体重を減らそうとすると、睡眠不足へ繋がる可能性があります。

流行りのダイエットを利用する事で習慣的に摂取しているカロリー数が大きく異なってしまい、それに連れてあなたの体は飢えていると思ってしまうのです。

その状態が続くと、餓死状態の回避をするために脂肪がつきやすい体質になってしまいます。

その体質の変化に調整しないといけないあなたの身体はパニック状態になり、睡眠に大きな影響が発生します。

ストレス

ストレスは身体へ常に負担をかけています。その負担の中には飢餓状態と似たような効果があり、身体が闘争反応・逃走反応に対応しているため副腎疲労が起こります。


これにより、コルチゾールというホルモンの分泌が暴走し、睡眠習慣が不規則になり、睡眠の質の低下や、極端な場合には慢性的な睡眠不足の原因になるでしょう。

アーユルヴェーダの規則を従うと睡眠の質が改善され、睡眠代謝を良くする事ができます。

まずはあなたのディナチャリアの管理、それからより良い質の睡眠のために最善策を見つけることです。

アーユルヴェーダ療法はお手軽でとてもシンプルに睡眠の質をより良くすることができます。


アーユルヴェーダでより良い睡眠をとる方法


1日8時間の睡眠が理想とされています。

睡眠リズムを守れば、1日7.5~9時間眠ることで、朝には爽やかで若返ったような気分になれます。

脂肪や糖質の分解が早くなり、ホルモンに関係する症状も改善されます。

ストレスや不安、パニックなども解消されるでしょう。


アーユルヴェーダのディナチャリア(習慣)を作ろう

アーユルヴェーダのディナチャリアは、ヴァータ、ピッタ、カパの基本原則に従います。

3つのドーシャはすべて1日の特定の時間帯をコントロールし、それに関連した特定のタスクを実行する能力を高めます。

朝の2時から6時までの時間の起床が最適です。

ヴァータの要素が創造的なエネルギーの動きを助けるので、ほとんどの創造的な人々はこの時間に起きています。

機能不全のヴァータを持っている人は多くの場合、この時間帯に目を覚まし、活発に頭が働いてしまうため、眠りに落ちることが難しくなります。

午後10時に寝て、午前6時に起床するのが理想的です。

午後10時から午前2時までの間に発動するピッタのエネルギーは、夕食の消化を助け、新陳代謝を早め、体の解毒を促します。

午前2時から午前6時までのヴァータが発動する時間帯は、体内の毒素や甘味の除去に役立ちます。

その結果、朝の目覚めは爽やかで若返った状態な気分になります。


ギーを使ってマッサージ

時間通りに眠れない場合は、就寝直前に足の裏をギーでマッサージしましょう。

ギーでマッサージをすることで睡眠が促され、一晩中快適に眠ることができます。

足の裏をしっかりマッサージすれば、夜明け前にすっきりと目覚めやすい状態になります。

ギーマッサージでリラックス効果も期待でき、ストレスを感じ続けている人は、より良い睡眠のためにこの療法を試してみてください。


就寝直前に糖分の多い食品や加工食品を避ける

夕食は糖分の多いものや加工食品をできるだけ避けましょう。

夜食も避けましょう。

糖分はあなたの睡眠の代謝を阻害しやすく、無気力で眠くはない状態にしてしまいます。

そのため、しっかりと睡眠をとることができなくなってしまい、眠れたとしても眠気やだるさを感じてしまいます。

また、寝る前に果物やフルーツジュースを飲んではいけません。

できるだけ自然に近い状態の炭水化物と野菜や肉を食べるようにしましょう。 


アビヤンガ

アビヤンガとは自分のドーシャ体質に合ったハーブが配合されているオイルを利用するマッサージのことです。

ほとんどの場合、ベースオイルはセサミオイルが使われており、自分の体質に合ったオイルを利用したアビヤンガマッサージは適切な睡眠を促す療法としてオススメします。

セルフケアとして一度試してみてください。

まずはあなたの好みのオイル(体質に合うオイル)を手に取り、しっかりと柔らかく気になる場所に伸ばします。

摩擦を避け、オイルが肌に吸収されるようにたっぷり使いましょう。

特に乾燥肌をお持ちの方は沢山のオイルを利用するのがいいでしょう。

ゆっくりと全身を揉み解し、リラックスしましょう。

身体のストレスとコリを和らげることによってぐっすり眠れるような状態になります。


まとめ


これまで沢山の療法を紹介させていたできましたが、唯一覚えておいてほしい療法は規則正しいディナチャリアを守ることです。

ディナチャリアが乱れていると睡眠や消化に関する問題が一般化してしまう可能性があるので、できる限りディナチャリアを守ってください。

これらの療法を使っても睡眠の悩みが解決されない場合、可能であればアーユルヴェーダの医師に相談をしてみましょう。

 

Liquid error: Could not find asset snippets/quantity-breaks-now.liquid